最近の記事一覧

2011年05月13日

訴えられました・・・

最初に、ブログでこの記事をエントリーするのはどうかと悩みに悩みましたが、

今後のこともあると思い、簡潔に今ある現状をお伝えします。





現状から申し上げますと、今現在、訴えられています。


原告は、配達先のとあるお宅。

とはいえ、仕事上のミス(誤配達、誤還付等による明らかに会社側に責めのあるもの)ではありません。

訴状によると、わたくしが相手方に対する接客対応によって、精神的苦痛を強いられたという内容でありました。

正直、わたくしも全く意味が分かりませんし、

記憶をたどるにしても精神的苦痛を強いるほどの接客をした覚えは皆目見当もつきません。

あるとするならば、原告宅の隣にある原告借店舗の借り手との因果関係でよく揉めているらしく、

それに我が社が店の方に融通を利かせている(私書箱扱いということと、定時集荷を定刻配達と勘違いしている)のはおかしいという訴えをわたくしに問いただしていたことです。

しかし、それは各個人同士のプライバシーに関する内容なので(それ以前に配達する者がそれ以上の関係を知る必要が無いし、知ってはいけないはず)、答えられないと何度もお断りをしてきました。

その会話は、あまりにもエスカレートしすぎることがあり、最近では家に押し込まれて愚痴られるほどにまで発展したため、全ての会話をICレコーダーに保存していますので、最悪の場合はこれを証拠として提出しようと考えています。


冗談ではありませんが、正直こんなに憎まれていてもわたくしの会社は全ての方がお客様であるという弱点があります。

そのような方にも偏見などを持たずに真摯に対応することが望ましいと、対応してきましたが、残念ながらこのような結果となってしまいました。



わたくしとしても、今までこの仕事を十数年続けてきた上で、このような訴えを起こされたことに、多大なショックを受けております。


ただ、会社としても社会倫理というものがあります。とりあえずは上司と支社も動いて下さっています。大変ありがたいことです。

社員その他の方々にも、励ましをいただいていますが、今のわたくしには何をどうすればいいのかが分かりません。



そのため、しばらくの間殆どの日の仕事を休み、考えることとしました。



今後、裁判所でその罪状認否が行われるわけですが、

どちらにせよお客様に訴えられたわけですから、

それすなわちわたくしの今までの働きそのものを否定されたに過ぎません。



判決がどうあれ、会社にも迷惑を掛けられないでしょうから、近々辞表を提出した方がいいのか?とまで切羽詰まっています。


詳細が分かり次第、このブログに掲載しようと思いますが、その気力があるかどうか・・・


明日、「勝手にスイッチ」をエントリーいたします。


吉報をお待ち下さい。
posted by T.Kiyomizu at 22:21 | 京都 | Comment(1) | TrackBack(0) | ■お知らせ■
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。 
まずゆっくり深呼吸して落ち着きましょう。

BLOGの記事だけ拝見した上でコメントするならば

まず、辞表は出さないで良いです。

こちら側に全く落ち度がないのなら
毅然とした態度で裁判に行きましょう。

相手は常識が通用しない相手っぽいので
そういうのには、きっちりとした常識で向き合えばいいです。
必ず相手がボロ出しますから。

常識が通用しない相手には毅然とした態度で防衛しないと
あなたの人生が常識が通用しない相手のせいで壊されることになります。
それだけは絶対にあってはならないことです。

落ち着いて、しっかり頑張って下さい!
Posted by ぱる at 2011年05月14日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200881321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

hidden cols=