最近の記事一覧

2012年01月07日

【保存版】 アンチさんのブログ拝見(2) @miirakansu 氏作成「橋下ワクチン(みいらウイルス)」の対処法【解読・誤解編A】


ここでは、 @miirakansu 作成のみいらウイルス(橋下ワクチン)に対する対処法のひとつひとつを崩して、誤解の無いように紐解いていきます。

今回は、miirakansu:tumblrにある、このエントリーを解読します。


ワクチン20 橋下信仰の見分け方



橋下信仰を見分ける2つの視点

橋下徹さんや大阪維新の会を支持する人々の発言が信仰に陥っているか否かは次の2つの視点から判別できます。

  1.大阪都構想実現のために大阪市のあら探しをしている。
  2.大阪市(公務員)をバッシングしたいために橋下(大阪都構想)を支持している。


このどちらか、あるいは両方に当てはまる場合、信仰に陥っています。

まず、支持者の方に伺います。
皆さんはこのうちのどれかに当てはまってますか?

おそらく、誰も双方に当てはまらないと思いますし、もし仮に当たっていても問題はありません

その理由は以下の文言にあります。

まず1.についてですが、この人たちはいいことづくめで語られる大阪都構想に夢を見たい人たちです。大阪都構想を実現するためには大阪市が邪魔です。大阪市に悪いところがあろうとなかろうとこの人たちはとにかく今の大阪市に「問題がある」ことを強調します。

(中略)

1.の人たちは大阪市の問題解決を本気で考えてなどいません。具体的な解決策を尋ねてみて下さい。「大阪都構想しかない」としか言えないはずです。この人たちはとにかくいろんな夢を見せてくれる大阪都構想にすがりたいだけです。

果たして、皆さんそうでしょうか?

橋下市長は大阪市を無くすとは言いましたが、大阪都(仮称)にした場合に大阪市役所が必要なくなる(各区役所に移行されるため)ためなので、この文言は全くのでたらめです。
大阪市に問題があるとするならば、それは今までの市政であり、恰もそこで働いている職員が全て問題があるというふうに比喩してらっしゃいます。これは市役所職員がみいらかんす氏に怒らなければならない部分ですが、みいらウイルス感染者はこのように「橋下市長が大阪市全体を悪者にしようとする」ようにツイッターやブログ等で拡散しているため、それがその通りのように広まってしまっています。
大阪市役所の職員さんの中には、優秀な方がたくさん居る。
それは、橋下市長もおっしゃっていましたし、わたくしもそう思っています。
ただ、マスコミの報道の仕方が、いつも「大阪市役所」全体を指してしまうために、誤解を与える発言になってしまっていることも然り。

大阪市役所だけでなく、どこの役所でもそうですが、市民に堂々と自分たちの仕事ぶりをアピールル出来ない体制が、このような全体を捉えられてしまうことに繋がるのだと思います。
だからと言って、全体を叩いたところで膿みなど出て来るはずがありません。
橋下市長も、それを知っているからこそ、部分部分の箇所を叩いているはずなのですが、どうもアンチのおこちゃま達は「部分叩き=全体を指す」みたいな無茶な変換をして、支持者を批判するように仕向けているようです。
ま、普通に見れば、そんなことは無いだろうと思いますが、折角の学力をこういうムダなところに使うあたり、みいらかんす氏の大学院で培ってきた理論がこの程度のモノだと、大阪市民にその裸の部分をさらけ出しているように思えてしまいます。

次に2.の人たち。この人たちはとにかく大阪市が嫌いです。「公務員が嫌い」だと言いかえてもいいでしょう。

橋下ワクチン開発室では橋下さんの扇動手法を「三者関係の差別モデル」で読み解いたことがあります(こちらを参考)。ある属性を持つ人(たち)を根拠のない否定的な印象論でバッシングし、賛同する仲間の一体感を作り上げます。

この人たちは自分のうっぷんを公務員差別で晴らそうとしています公務員の働きの実際や政治の動きを客観的に評価して投票行動に結びつけようという態度を取れません。公務員や役所を叩いてくれればなんでもいいのです。

ここでも、そう思われる支持者及び投票された有権者の方が思ってらっしゃるのでしょうか?
みいらかんす氏は、もう既に大阪市全体を敵に回していますが、これで完全に大阪市民を侮辱し、貶しに回してしまいましたね。
大阪市が嫌い、公務員が嫌いなんて、どこからそんな発想が出て来るのか、わたくしにも分かりかねます。
そもそも、私論ですが、わたくしは大阪市は大好きです。
大好きな故に、滋賀県民であるわたくしは、近畿地方の首脳である大阪市に、もっと頑張って欲しいと願うわけであります。
それと「公務員嫌い」とは訳が違います。
きっと、みいらかんす氏は、マスコミの言っていることを、そのまま鵜呑みにしているようです。

さらに、「自分の鬱憤を公務員差別で晴らそうとする」と、よくもまぁズケズケと言えたものです。
大阪市民でも、その文言に腹が立つわけですから、これを見た大阪市民はどう思うでしょうか?
きっと、こう思うでしょう。「みいらかんす、お前に大阪市の何が分かる!?」と。
恐らく、そう怒ってみたところで、彼はスルーします。


この2つのルートで橋下徹さんと大阪維新の会は自分たちへの支持を取り付けています。この2つの立場はご都合主義的に結びついて矛盾を覆い隠します。

1)「大阪都構想に問題があったとしても行政改革はなされる(大阪市をよくするにはこうするしかない)」

2)「行政改革は大きな構想の中の手段に過ぎない(大阪市はどちらにせよ無くなる)」 
  として、

3)「橋下さんを支持しておけばどちらに転んでも今よりよくなる」
  という幻想を作り出すのです。


理想を幻想というあたり、アンチっぽいな、と半ば呆れています。
もう既に2つともなし崩しの理論であるため、この説明をするまでも無いでしょう。
ま、幻想かどうかは、4年後を楽しみにしておきましょう。


みいらかんす氏は、このレポートの結びにこう記しています。
大阪都構想から出発しようと、大阪市バッシングから出発しようと、どちらも目的と手段が飛躍していてかみ合っていない。だから実際はどう転んでもおかしなことになる。これが単純な真実です。おわかりでしょうか?
この2つの視点に当てはまる発言はいかに論理的なように見えても議論になりません。信仰に過ぎないからです。橋下さんや大阪維新の会を支持している人は自分がこの立場に陥っていないか点検してみることをお勧めします。

あなたは大阪市のことをどれだけ知っていますか?個別の問題解決を具体的に論じられますか?

>大阪都構想から出発しようと、大阪市バッシングから出発しようと、どちらも目的と手段が飛躍していてかみ合っていない。だから実際はどう転んでもおかしなことになる。これが単純な真実です。おわかりでしょうか?
分からない!!∩(・∀・)∩ 

もはや、これを出さずにはいられませんです。
omaewa.jpg

逆に、みいらかんす氏のこの理論が、どう考えてもこじつけすぎて変なんですが…

そう思うのは、わたくしだけでしょうか????

>この2つの視点に当てはまる発言はいかに論理的なように見えても議論になりません。信仰に過ぎないからです。

【信仰】信じたっとぶ(敬う)こと。宗教活動の意識的側面をいい、神聖なもの(絶対者・神をも含む)に対する畏怖からよりは、親和の情から生ずると考えられ、儀礼と相侯(あいま)って宗教の体系を構成し、集団性および共通性を有する。(広辞苑より)

おかしいなぁ…。普通、宗教って言うのは、神に仕える尊士が絶対であり、それに敬うはずだけど、橋下市長は「一つの議論に対してお互いに激しく討論し、総括し、(議員及び市民に)その賛否を問う」という姿勢を表明しているはずで、それを知っていればこんな発想にはならないはずです。

とあるみいらウイルス感染者ツイッターの一人に、橋下市長支持者を「信者」と貶していましたが、そういう人は逆に言うと、「市長の言うことは絶対」と思い込み、それで失敗したら「それ見たことか!!」と呟き叩くはずです。
誤解を与えてはいけないので、ここでわたくしなりに誤解を解きますが、大阪維新の会を応援することが信仰には繋がりません。

何かにつけて、こういう悪いイメージ(みいらかんす氏本人が○○真理教などと宗教法人を悪く見下しているようですが)を植え付けようとしている、まさにみいらかんす氏本人がアンチ宗教の首領(ドン)であり、首謀者です。

こういう彼を置いている大阪市立大学にも、責任が無いとは言わせません。


【 今回の対策とお願い、そしてこんな皮肉も・・・ (続きを読む) 】
posted by T.Kiyomizu at 17:09 | 京都 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | みいらウイルス対処法
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

【保存版】 アンチさんのブログ拝見(2) @miirakansu 氏作成「橋下ワクチン(みいらウイルス)」の対処法【解読・誤解編A】


ここでは、 @miirakansu 作成のみいらウイルス(橋下ワクチン)に対する対処法のひとつひとつを崩して、誤解の無いように紐解いていきます。

まずは、miirakansu:tumblrにある、このエントリーから紐解きます。

橋下ツイッターを読み解くためのコツ



【  続きを読む  】
posted by T.Kiyomizu at 20:46 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | みいらウイルス対処法
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【保存版】アンチさんのブログ拝見(2) @miirakansu 氏作成「橋下ワクチン(みいらウイルス)」の対処法【導入編】

前回のお茶さんのブログ、ご本人様がたくさん告知(笑)をなさったおかげで、アクセス数が格段にあがりました。
ここに、お茶さんのムダな努力に、お礼申し上げません( ̄∇ ̄)


さて、予てより一向に引くどころか、全然反省せず、逆にどんどんばらまいているどあほう大学院おこちゃま @miirakansu の大好評ワクチン「橋下ワクチン(ウイルス)」の対処法を、彼の言い分を踏まえた上で講じてみようと思います。

なお、かなり長い文章になるので、いくつかの項目に分けてお届けするため、このエントリーを【導入編】としてインデックスとし、随時更新した上で、ここに引用することとします。

なお、今後このブログでは「橋下ワクチン」などと不届きな文言を使わずに、「みいらウイルス」に変換します。


【導入編】みいらウイルス(橋下ワクチン)とは…

hashimoto_w.jpg

簡単に言うと、上の図の通りです。

 このコンテンツの目的は橋下徹さんが用いる扇動のテクニックを暴き、より多くの人に彼の「嘘」(注記)への免疫をつけることです。


このエントリーでは、主に赤字で強調している部分を「みいらウイルス」と呼ぶこととします。
彼の理論自体が、そちら側によって好き勝手に言いくるめ、大げさかつ紛らわしくしたウソそのものであり、それこそ「ウソ、大げさ、紛らわしい」のJAROに告訴も辞さない構えです(笑)


 記事は橋下徹さんのTwitterの解読を主としています。読み手の感情に強く働きかける橋下徹さんのメッセージは、論理をすりかえ、自分の都合のよい見方を刷り込もうとします。このようなトリックに気づき、無効化する「ワクチン」を開発します。


自分自身が都合のよいように見せかけているのに、大きく出ましたな。
このように、アンチ橋下派を甘い誘惑でおいでおいでしているのが、「みいらウイルス」でして、これを取り込んでしまうと、とんでもないことになります。

【みいらウイルスの末期症状】

 ・莫迦
(正当な意見も不当に突っぱねてしまう/暴言を吐いて終いにしようとする)
 ・呆け
(数日前に発言したコトも無かったかのように惚ける、またはスルーする)
 ・成長停止
(学習能力が低下し、改革についていかないまま放って置かれてしまう)


 既に症状が末期にまで及んでしまい、手が付けられない可哀想な人々を「おこちゃま」と呼ぶしか手立てが無くなっています。これが現状なわけです。

 要するに、一般人とかけ離れた行為を行い、多くのツイッターのフォロワーはおろか、実際の社会にまでそれを持ち込んで自分の良きようにしようとする、それが一番恐ろしい症状なわけです。


 …あなたの周りに、そんな自己中な公務員さんは居ませんか?


【  続きを読む  (追記あり)  】
posted by T.Kiyomizu at 20:22 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | みいらウイルス対処法
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

hidden cols=